Webライティングでは、記事を速く書くことでライティングの効率を上げることができます。

ライティングの効率が上がると、多くの記事執筆に関われる上に、クライアントから高評価を得ることにつながります。

 

ただ、「文章を速く書きたい」と思うものの、頭の中で整理して書くことは難しく、「中々うまくいかない」と思い悩むこともありますよね。Webライティングを始めたばかりの方であればなおのこと。

 

そこで今回ご紹介する3つのポイントを意識するだけで、誰でも記事を速く書くことができるようになりますよ。

・ライターに挑戦したいと思っている方・ライター初心者の方:良いスタートが切れる
・ライターとして軌道に乗らず悩んでいる方:ライティングスキル向上、自己アピールの場を広げられるきっかけになる

このような内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Webライティング速く書くコツ3選

Webライティングでは、「リサーチ」「構成作り」「記事作成」の3つを意識して作成することで記事を速く書くことができるようになります。

この3つは文章を速く書くための大切なポイントになりますが、さまざまな場面でも同じようなことが当てはまります。

受験勉強を思い出してみて下さい。

過去問から志望校の出題問題の傾向を掴み、試験に出題しやすい問題のピックアップを行い、その問題をクリアするための解決策を見つけるため、勉強に取り組むでしょう。

Webライティングも同じような感覚なのです。

さっそく文章を速く書くために大切なポイント3つ「リサーチ」「構成作り」「記事作成」をご紹介します。

 

ポイント1.リサーチは効果的にしてこそ

リサーチとは、記事を書く上でとても大切な点になります。

最初は慣れない作業のため、時間がかかってしまうかもしれません。しかし、リサーチをしっかりするかしないかというのは、記事の質に大きく影響します。

効果的にリサーチするためには以下の2点を意識する必要があります。

  • 記事の読者は誰か?
  • 競合相手の記事は内容や構成は?

それぞれに関して、詳しくみていきましょう。

 

ペルソナ(読者)を明確にする

Webライティングは、有益な情報やニーズを満たす内容を書き、「読者の悩みを解決すること」や「背中を押すようなきっかけを作ること」が求められます。

そこで、記事を読者(ペルソナ)を明確にし、記事全体の流れや伝えたい内容にまとまりを持たせましょう。

ペルソナをより具体的に設定することで、以下のような多くのメリットが得られます。

 

  • 広くて浅い記事にならず、印象に残り、読者の心を揺さぶるような記事になる
  • クライアントとライター間で共通認識を持つことができる
  • 文章全体がぶれにくく、一本の道筋が立つ

 

ペルソナを設定すると記事作成に費やす時間を短縮でき、記事の質がぐっと上がります。

まずはペルソナが「何を求めているか」「どうなりたいか」といったゴールを見定めましょう。ぶれないような記事作成をすることも、記事を早く仕上げるためのコツといえます。

 

競合相手の記事を把握する

競合相手とは、同じような内容が記載されていて検索上位にある記事のことをいいます。競合相手の記事を把握することで、どんな記事が読者に好まれやすいものかをチェックしましょう。

 

Web上には同じような内容の記事は何百万とありますよね。しかし、ネット上で検索して読んでもらえる記事は、検索結果で上位にある記事もしくは読者が読みたいと思うようなキャッチ―なタイトルのものに限られます。

 

そのため、記事作成する前には必ず、検索結果上位に出る競合相手の記事10個程度は一度読んでおきましょう。

ちなみに、競合相手の記事を読む上では3つの点を意識してみてください。

  • タイトルや構成はどうか
  • どのような記事が読者に好まれるのか
  • 読者はどういう悩みを抱えているのか

 

競合相手が書いていないのに「これってどういうこと?」とあなたが気になったことは、自分以外の読者も気になり、知りたいと思っている内容です。ご自分の記事にはその内容を盛り込むといいでしょう。

競合相手の記事をリサーチすると、ペルソナを絞るヒントを得ることができます。結果、記事構成の土台を作りやすくなり、記事を速く書けるようにもなるでしょう。

ポイント2.構成作りはライティングの鍵

構成とは、本でいう目次や道筋を立てる(見出しを作る)ということです。記事構成では「導入・見出し・まとめ」を組み立てることが一番大切なポイントになります。

記事作成の最初にこの点を作っておくかどうかで、記事を速く書けるかどうかが決まるといえるでしょう。

 

読者(ペルソナ)に合わせた見出し作り

記事作成で時間がかかってしまうのは、記事全体の骨組みが立っておらず、「何を書きたいのか分からない」「どう書いていけばいいのか分からない」という迷いがあるためです。

文章1つ1つのタイトルつまり「見出し」を付けることで、この記事に何が書いてあるのかを一目で理解できますよ。

 

構成を作るためにも、まずはクライアントから受けた案件の設定されたキーワードやタイトルを見て、ペルソナが定めましょう。想像したペルソナに合わせてどの構成が良さそうかと見当をつけることで、構成づくりがスムーズに進みますよ。

キーワードを見出しに入れ込むことでSEO対策にも繋がり、検索上位に表示されやすくなるともいわれています。

 

文章は読者の目線に立って端的に

みなさんがWeb上で記事を読むときはどういうときでしょうか。

ちょっとしたスキマ時間に流し読みをすることがきっと多いですよね。そのちょっとした時間の中でも的確な情報を手に入れたいと思っているはずです。

つまり、短時間で知りたい情報を得ることができるような構成を組み合わせることが大切です。

 

最初に記事全体の流れをイメージして見出しをつけることで、

  • それぞれの見出しに繋げるための文章を書き上げやすくなる
  • 導入文・見出し下に置く説明文・まとめの文章が短的にまとまる

このようなメリットがあります。

 

どの部分にどのくらいの時間をかければ良いかを掴むことができるようになれば、自然と文章を速く書くスキルが身につきます。Webライター始めたての頃は、見出しをつけること自体、慣れない作業で手間取ってしまうかもしれません。

始めはいろいろな記事を読んでみて、構成の流れを掴みましょう。どういう構成であれば読者は読みやすいか理解して、構成を真似をしてみてください。

 

記事全体を書くスピードはぐっと上げられますよ。

 

ポイント3.記事作成は流れに沿って書くだけ

 

いくつかポイントをお伝えしてきましたが、これらのポイントを順番にこなしていくことで、記事を速く書けるようになります。

記事作成の手順

  1. クライアントの意向・テーマ確認
  2. ペルソナを絞る
  3. 競合サイトのリサーチ
  4. 見出し作成
  5. 本文の執筆
  6. 校閲

 

構成作りが苦手な方、文章を書く方が苦手な方それぞれいるでしょう。最初から完璧な方などいません。

自分の苦手な部分がどの部分かを把握し、その点にまず時間をかけるようにしましょう。苦手な部分の時間を短縮できることで、記事全体を仕上げるスピードは速くなりますよ。

もちろん、文章を書いていけば、キーワードを入れることができているか、正しい言葉選びや接続詞の使い方になっているかなど、気になる点がたくさん出てくるでしょう。

しかし、記事を書き始める時点からその点を気にかけていれば、時間がかかってしまいます。まずは、気にせず最後まで書き上げることを意識してみてください。

書き上げることができれば、あとは最終チェックで終了です。

 

記事作成後の最終チェック

記事が速く書けるようになっても、記事の質が下がってしまっては意味がありません。必ず、記事作成後に以下の点を確認しましょう。

  • キャッチ―なタイトルになっているか
  • 見出しが長すぎないか
  • タイトルと結論がずれていないか
  • 文章1つ1つが長すぎないか
  • 読んでみて理解しづらいところはないか
  • 文章の流れに違和感はないか

 

最後に、校閲をする際には専門ツールを利用することで、クライアントが求める記事へ仕上がります。様々なツールを利用して、効率的にチェック作業に取り組むといいでしょう。

  • 文字数カウントを利用して制限文字数へ
  • 誤字脱字チェックツールを利用して正しい文章へ
  • コピーチェックツールを利用してオリジナルの記事へ

 

ぜひ、流れに沿って、記事を速く書き上げるWebライターのプロになりましょう。

 

速く“いい文章”を書くための2つの注意点


記事を速く書くことができるようになっても、記事は誰のために書いているのかを見失ってしまってはいけません。記事作成を依頼されているのクライアントですが、記事を読むのはあくまで読者(ペルソナ)です。

・読者(ペルソナ)が抱えている悩みに対して、どのような記事であれば解決することができるか
・どういう答えをもらえたら、読者(ペルソナ)が一歩踏み出すことができるか

ポイントに沿って記事作成を行うことでかかる時間は違えど、記事を速けるにようになります。しかし、本当に良い記事というのは、読者の未来像まで想像して書かれた記事のことなのです。

ネット上であなたが読んでいて、何度も読み返したくなった記事やピンときた記事を読み返してみましょう。良質な記事を書くコツも身につけることができるでしょう。

これでライティングも怖くない!速く書くコツ3選

Webライティングは一見、難しいと感じる方も多いかもしれません。

 

まず、Webライティングとは何かを理解することから始めてみてください。

そして、クライアントとテーマを確認し、意向を一致させましょう。そのあとは、ペルソナ(読者)を絞り、競合相手のリサーチや見出し作成といった流れの通りに記事執筆を仕上げる事ができれば完璧です。

 

流れを掴むことができれば、2000文字程度の記事作成は誰でも短時間で仕上げることができるようになります。

記事を速く書き上げられれば、それだけ多くの記事作成に関わる機会や多くの読者へ自分の記事を読んでもらえるでしょう。

Webライターは多くの読者に読んでもらい、読者の為になった時が一番の喜びです。自分の記事がWeb上で誰かの目に止まり、読んでもらえるような記事になったらきっと嬉しいですよね。

 

みなさんも、記事を速く書くためのコツを掴み、Webライターとして駆け出しましょう。

 


Webライターになるのは意外と簡単。そこから日々スキルアップすることが大切ですので、ぜひ楽しみながら、学びを意識して取り組んでみてくださいね!!

⇒おうちワーク協会が提供する「Webライターdeおうちワーク講座」の詳細はこちら

日本おうちワーク協会 公式YouTubeチャンネルでも解説中!