「Webライターになれるかな」と不安を抱えていませんか。

新しい仕事をするとなると、年齢制限や定年など気になるところですよね。実際、「Webライターになれるかな」という不安な気持ちを抱えながらライターに挑戦する方も多いです。

 

そこでこちらの記事では、Webライターに挑戦したいけど年齢制限に不安を抱える方の応援ができるよう、Webライターの魅力から年齢制限、定年の有無、活躍している年齢層などご紹介していきます。

Webライター初心者の自分でもなれるのだと自信をつけてもらえたら幸いです。

 

誰でもなれる? Webライターという仕事の可能性

Webライターは誰でもなれるのかと不安を抱えている方に朗報です。結論から言って、Webライターは誰でもなれます。定年など一切ありません。

性別や年齢問わず始められるのはもちろん、時間や場所は問わず仕事ができ、魅力的な仕事といえるのです。

 

コロナ流行の影響により、在宅ワークや副業への関心が高まっていますよね。

Webライターに挑戦したいと思っている方や興味がある方、始めるかどうか迷っている方は多くいるでしょう。そういった方の多くは「本当に私でもなれるのかな」という不安を抱えています。

 

最初から「Webライター」に関して詳しい知識を持っている方はほぼいません。むしろ、「Webライターって何?」というように言葉自体聞いたことがない、イメージがつかないといったような状態で、Webライターを始める方がほとんど。

 

何も知らない状態で新しいことを挑戦するというのは、一見、尻込みをしてしまいがちです。しかし、そういった心配や不安を持つことなく、Webライターは誰でも気軽に始められます。

 

そもそも、Webライターに求められるものは、文章を書けるかどうか。Webライターとしてのスキルは諦めずに書けば書くほど、磨かれるもののなので安心してくださいね。

「文章を書くことが好き」「まとめることが好き」といった思いを感じている方であれば、年齢を気にせず、Webライターの道へ飛び込んでみることをおすすめします。

 

活躍するWebライターの年齢層

 

Webライターは性別や年齢制限など一切関係ないため、幅広い年齢層の方が活躍しています。

「年齢制限がないのは分かったけど、何歳くらいの人が多く活躍しているの?」と疑問を感じた方もいるのではないでしょうか。

実際、どのような年齢層の方がWebライターとして活躍しているのか、気になるところですよね。

 

2019年5月7日~8日、「Buildup」がWebライター200人を対象に、Webライターの年齢層や性別に関する調査を、ランサーズのタスク形式で行いました。

 

▲画像引用:「Buildup」アンケート調査結果より

 

こちらの調査結果から、40歳以上50歳未満と回答した人が最も多く、51人と全体の1/4を占めていることが分かりました。さらに、「30歳以上35歳未満」は44人、30歳以上50歳未満の人が128人と約2/3。一方、「20歳以上25歳未満」が16人、「25歳以上30歳未満が19人」、つまり、20代の人は35人のため、全体の17%だったのです。

 

この結果をみて、みなさんはどう思うでしょうか。

 

一見、この結果を見ると、「人生経験を積んでいたり、社会人経験があるような30歳以上でないとWebライターとして活躍するのは難しいかもしれない」と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、そう思う必要はありません。それぞれの年齢にメリットがあるのです。

 

【20代の方】

  • 年齢が若く、貴重な存在として重宝されやすい
  • クライアントから若い年齢層に向けた記事を受注されやすい
  • 20代だからこその視点で記事執筆ができる
  • 転職・副業・結婚といった年代ならではの問題をテーマにする記事執筆に取りかかりやすい
  • 早い段階でスタートダッシュが切れるため、Webライターとして長く活躍できる

 

【30~50代の方】

  • 人生経験を積んでいる分、経験を生かした記事執筆ができる
  • 社会人経験を生かして、質の高い記事執筆ができる
  • 同じ年齢層のWebライターが多くいるという安心感を持って、お仕事ができる
  • 様々なジャンルの記事に取りかかりやすい

 

活躍する年齢層に差は見られますが、年齢制限は全く関係ないということが分かりますよね。

 

ちなみに性別で見ると、男女半々という結果も出ており、性別を選ばない職業であるとも言えるのです。

 

▲図表引用:「Buildup」アンケート調査

 

3、Webライター歴はどのくらいの人が多いの?

 

Webライターとして活躍される方は、年齢制限や定年などの縛りはなく、男女どちらでも可能なことが分かり、Webライターとして始めたい気持ちが強まった方もいるのではないでしょうか。

では、Webライターとして活躍する方は初心者からプロまでいますが、どのくらいのライター歴の人が多いのか気になりませんか。

 

 

▲図表引用:「Buildup」アンケート調査

こちらも、上記同様、2019年5月7日~8日、「Buildup」がWebライター200人を対象に、Webライターの年齢層や性別に関する調査を、ランサーズのタスク形式で行った結果です。

実際に、「1年未満」が全体の43%を占めており、Webライターとしての歴が浅い方が多いということが分かりました。

 

ライティングで求められるものは文章の質や量であり、Webライターとしてのスキルは書けば書くほど磨かれます。

 

一見、ベテランばかりがいる業界であれば、これからWebライターとして始める方にとっては活躍していけるのかと不安になる可能性もあります。

しかし、Webライター歴が浅い方が多く活躍するWebライター業界は、ライター未経験者の方でも踏み込みやすい世界です。

また、同じような心境で頑張る仲間が多くいるため、心強く感じられるのではないでしょうか。

 

4、ライターを育てるプロに教わるべき理由とは

 

Webライターとして挑戦しよう・頑張ってみようと一歩を踏み出そうとするあなたに、意識してもらいたい点が1点あります。

 

それは、Webライターとしての基礎知識やスキルを効率よく身につけるために、ライターを育てるプロに教わるということです。

Webライターは性別・年齢関係なく、未経験の状態で始め、一から独学で学んでいく方が多くいます。

 

もちろん、独学で多くの知識やスキルを吸収し、毎月5万~10万、それ以上稼げるWebライターもいます。

しかし、短期間で必要なスキルを身につけ、同時進行で案件をこなし、成功の道近づくためにはプロに教わることが大切です。

 

プロといっても、Webライターとして成功している人のことではありません。Webライター初心者の気持ちを汲み取り、知識0の状態から一人前のWebライターになるまで導いてくれるような、ライターを教えるプロのことです。

 

 

例えば、受験勉強の際、誰に教わることが多いでしょうか?

有名校へ多くの受験生を合格させるような、学生の能力を引き上げるような実力ある有名講師などに教わっていませんか。

 

また、サッカーなどスポーツをする際も同じことが言えます。サッカーを教わる際、サッカー業界で活躍する有名選手ではなく、プロサッカー選手を育てるコーチに教わることが多いですよね。

 

その道を教えるプロに教わることが、自分が求めるものになるための一番の近道なのです。

 

Webライターを育てるプロは数少ないかもしれませんが、手取り足取り指導してくれ、Webライター初心者の心境を読み取って、親身にフォローしてくれる「Webライターを育てるプロ」も多くいます。

Webライターに興味がある方、これから挑戦するといった方は、ぜひ、ライターを育てるプロに教わってみましょう。

 

ライターとしてのかけ始めは知識やスキル、実績など、ライターとしてアピールできる点がない状態ですよね。ゲームで言えば、何も武器を身につけずに敵に立ち向かおうとしている状況です。

 

まずは、自分の武器となる知識やスキルを身につけ、誰からも読みたいと思われる魅力的な文章を書ける素敵なWebライターを目指してみませんか。

⇒入門ノウハウが学べる「Webライターdeおうちワーク講座」詳細はこちら

 

5、Webライターを始めるなら今がチャンス

 

Webライターは性別・年齢制限、定年がなく、初心者でも始めやすい業界ともいえます。

Webライターを本業としている人もいれば、副業としている人もいて、働き方や働く時間も人それぞれ自由です。

何か始めたいと思っている方や文章を書くことやまとめることが好きな方、Webライターに興味がある方でも、気軽にWebライターを始められます。

コロナ流行による在宅ワークが主流となる世の中で、活躍できる場を広げ、自分の生活の質をさらに上げられるようにしてみませんか。

 

Webライターという仕事はあなたに何か、価値あるものをきっともたらしてくれるでしょう。

⇒入門ノウハウが学べる「Webライターdeおうちワーク講座」詳細はこちら

日本おうちワーク協会 公式YouTubeチャンネルでも解説中!